不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦
南場 智子 (著)

DeNA創業者の南場智子さんの著書。
とても面白いです。1999年の会社設立から2011年の社長退任と現在までの足取りをプライベートにも触れつつ語っています。この本を読んだ感想は、南場さんは誠実でとても格好良い人でした。

この本で南場さんが語りたかったのは、DeNAの経営で失敗が多くあったことと、とても優秀な人材が集まっていたということかもしれません。

本文ではネットオークションのビッダーズや、モバイル向けのモバオク、モバゲーなどについて多くの失敗と成功があったことが書かれています。講演や就職活動者向けの説明会でよく話していている内容も含まれているようです。

また、本の中では多くのDeNA社員が登場します。社長時代に関わった色々な人が登場するので、この本を通してお礼の気持ちを伝えたいという意図もあったはずです。

ここ数年、DeNAの業績を気にしたことがなかったのですが南場さんの退任後もすごい成長をしていて驚きました。海外での売り上げやメインのソーシャルゲーム以外にも多くの事業をはじめていて大分勢いづいています。

著者の南場さんは以前DeNA本社があった笹塚で見かけたことがあり、迷惑だったと思いますが一言二言話しかけてみて、とても輝いている人だなーと思ったのが印象に残っています。この本でもその印象と変わらず全力で物事に取り組んでいる姿が垣間見えました。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です