スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営

スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営
山井太 (著)

「人生に、野遊びを」をコンセプトに展開するアウトドア用品製造販売メーカー社長、山井太さんの著書。この本を読んで知りましたが、スノーピークは1980年代に山井社長が経営を引き継いだ後、世界に先駆けて「オートキャンプ」というスタイルを提唱して世に広げた会社だそうです。山井社長自身はこの本を今年出版して最近は『カンブリア宮殿』にも出演してメディアへの露出が増えている経営者です。スノーピークはアウトドア用品メーカーなだけあって、社員もアウトドア好きな人が多いらしく、社長自らも年間30~60泊はキャンプでテント泊するそうです。

スノーピークの本社は新潟県三条市にあり、本社の敷地内にHEADQUARTERS Campfieldというキャンプ場を併設しています。オフィスもユニークな作りになっていて、海外からも見学に来る経営者がいるそうです。

スノーピークの経営はユーザーと向き合うことを大切にしていて、1990年代に業績が不振だった頃から「スノーピークウェイ」という顧客と社員が一緒にキャンプを楽しむイベントを開催しており、そこで直接得た声を製品や販売方法に還元しています。スノーピークが昔、代理店販売だったのを中間卸をなくして直接販売に替わったのもこの「スノーピークウェイ」で得た顧客の声がきっかけだったそうです。ユーザーと向き合う姿勢は製品開発や製品の永久保証など様々な面に現れています。

また、山井社長は論理的な経営の仕方にもこだわりがあるらしく、会員カードの登録人数を使った定量的な営業拡販方法の話は結構面白いです。いろいろとユニークな部分があり、日本から世界に向けて展開しようとしている面白い会社なので応援したいですね。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です