マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
ジョン ウッド (著), 矢羽野薫 (翻訳)

途上国の学校設立や図書館開設など教育支援を行うNPOルーム・トゥ・リード設立者の本。著者は元々、90年代にマイクロソフトの幹部社員として働いていた経験があります。成長著しかった時代のIT企業で働いていた著者は超多忙な日々を送っていました。

その仕事の合間にネパールを旅した際、偶然訪れた小学校で数冊の本がおさめられた図書館に出会います。しかし、その図書館では本棚は厳重に鍵がかけられた部屋の中にあり、子供達は本と触れ合うことができないようになっていました。ネパールの山奥では、本は貴重で子供達が傷つけないように鍵をかけられていたのです。

子供の頃に図書館で多くの本と触れ合った著者は、読書と教育の大切さを子供達にも伝えるために、家族や友人の協力を得て数千冊の本をネパールの学校に寄付しました。そのきっかけから、その後会社を辞めNPOを立ち上げて現在では1000校を越える学校と10000を越える図書館を設立しています。

ルーム・トゥ・リードが特徴的なのは活動を具体的な数字にして支援者に分かるようにしているところです。どのような数字で示されているかは実際に本やホームページで調べてもらったほうが伝わりやすいと思うので割愛します。読書や教育の大切さというのはとても共感できるテーマで、NPO運営のビジネスモデルとしても興味深い内容が書かれていて多くの人にお薦めしたい一冊です。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です