オレたちバブル入行組

オレたちバブル入行組
池井戸 潤 (著)

話題になったドラマ 『半沢直樹』の原作本。バブル崩壊前後の銀行が強い力を持っていた時代から、不良債権という言葉が聞き慣れる頃にかけて大銀行に就職したバブル入行組を描いた小説。

上司に裏切られた中間管理職の半沢直樹による債権回収と裏切った者達の復讐の話。話のオチは本の半ばで判明していて、残り半分は主人公の痛快な復讐劇が描かれています。

普段あまり関わりのない銀行の法人営業がどのような仕事で、内部がどのような組織になっているのか知れるという意味でもこの本は面白かったです。実際にバブル入行だった世代の人はここで描かれているような組織事情の中で苦労をしたのかもしれません。

ドラマのほうは見ていないので、本だけ読んで知った気になっているかもしれませんが、なかなか面白い内容でした。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です