「これからの世界」で働く君たちへ

「これからの世界」で働く君たちへ
山元賢治 (著)

アップル・ジャパンの元社長が、これからの世界で活躍しようとする人たちへ向けて書いた本。著者は元々はエンジニア出身でIBM、 オラクル、 EMCでなど働いていた後アップルの社長に就任しています。ラリー・エリソンやティム・クック、現役時代のスティーブ・ジョブズらとも直接仕事をしていたそうです。

HOW論な部分が多いのですが、仕事で成果を出すためにはマインドが重要であると語っている部分は印象的です。 著者が仕事で関わったスティーブ・ジョブズも強烈なリーダーシップの背景には強い好奇心とパッションがあったそうです。

また他にも印象的だったのが、優秀な人にはやるべきことが集まってくるということ。そのやるべきことは必ず自分一人で行える許容範囲を越えます。その際に重要なのは、優先順位をつけること。あれもこれもの足し算ではなく、引き算で考えることが大切だということです。

典型的なビジネス本ですが、興味深い点もいくつかあるのでお薦めです。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です