7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー (著), Stephen R. Covey (原著), ジェームス スキナー (翻訳), 川西 茂 (翻訳)

人生をより良く生きるための教訓がまとめられた名著。仕事だけでなく、家庭や個人の活動でも多いに価値のある内容です。

ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」という本がより自分の内面との向き合い方について書いているとしたら、この本は外部からの影響にどう接するか、他人とどう関わるかということについて書かれています。

7つの習慣のひとつめは「主体性を発揮する」ということです。自分の周辺で起こる自然発生的な出来事も人為的なことも、その影響に対して主体性を発揮することが大切です。行動は選択できるということをくりかえし説明しているこの本からは主体性の影響力を学ぶことができます。

初めて読んだのは何年も前のことですが、最近でもよく読み返します。この本を多くの人に読んでもらいたいと思うのは、他者との関わりの中で生活するということについて多くの人が悩みを抱えているはずで、その問題を効果的に解決する原則が伝えられているからです。

とてもお薦めの名著です。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です