「最高の授業」を、 世界の果てまで届けよう

「最高の授業」を、 世界の果てまで届けよう
税所篤快 (著)

途上国の教育支援を行うNPO「e-Education」。この団体は著者が19歳のときにグラミン銀行の活動に関わって、教育格差の激しいバングラディシュでDVDを使った映像授業を展開するプロジェクトが始まりです。

もともとのきっかけは失恋だったそうですが、彼はグラミン銀行の日本人コーディネーターとしてバングラディッシュに赴任した際に農村部で教師が不足している問題に気づいたそうです。その後、グラミン銀行創設者のムハマド・ユヌス氏に映像授業の提案して「Do It ! Do It ! Go Ahead!!!」という言葉をもらいプロジェクトは始まっています。

紆余曲折あり現在はグラミン銀行とは離れて事業を行っています。初年度はバングラディシュで最難関のダッカ大学の合格者を出します。その後、活動は中東のヨルダンやルワンダ、パレスチナ・ガザ、フィリピン、インドネシア、ミャンマーなどに広がっています。

元々は高校時代に受けていた東進ハイスクールのDVD授業から着想を得たそうですが、20歳そこそこで世界中を飛び回って教育改革を実行する行動力が凄いです。しかも彼は1989年生まれでまだ現在でも25歳です。日本の未来に可能性を感じさせてくれる若者です。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です