LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲
シェリル・サンドバーグ (著), 川本 裕子 (その他), 村井 章子 (翻訳)

フェイスブックCOOが書いた女性のリーダーシップについての本。著者は二児の母でありつつもこれまでGoogleやフェイスブックで幹部として働いてきていて、この本では社会で女性が活躍することについてがテーマになっています。

彼女が語る経験から、これまで明確に気にしたことはなかったものの、社会には男女の役割分担について根強いステレオタイプが存在することが分かります。働き始める前も後も多くの女性は自分の生き方や成功について固定観念を刷り込まれて、本来発揮できる力を出せていないということが定量的な情報と合わせて説明されています。

この本に書かれていることを考えてみると、世界はその約半分のポテンシャルを活かしきれていないことになります。

本のなかでは女性とリーダーシップ以外にも、彼女のこれまでの仕事についてと出産や子育てをどのように行ってきたかも多く語られています。成長企業のCOOがどのようなキャリアステップを踏んできたかという面でも参考になる本です。

恐らく、女性である以前にリーダーとしての彼女がどのような存在であるかを読み手に考えさせることができていたら、この本の趣旨は半分達成できているのではないかと思います。単純に女性COOとしてではなく、一人のリーダーとして自信を持てない人々へのエールと、チャンスを得る者に勇気を与えるお薦めの本です。

カテゴリー: 書評 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です